ビール日記

【ビール日記】リバティエール@アンカー

LIBERTY ALE

ANCHOR BREWING

飲んだ感想

ほのかに香るフルーティーさがグッド

まさにお手本のようなペールエールです

クセも少なく飲みやすい味わいで、サッポロがこのブルワリーと契約したのがなんとなく分かるようになりました。

ビール解説

世界中のビール評論家が「捜してでも飲む価値あり」と評するアンカー社の名品。

1975年、アメリカ最初の「ニュージェネレーション・アメリカンエール」として登場。

熟成初期にアメリカ産のカスケードホップをタンクに投入(ドライホッピング)することで、マスカットのようなフレーバーと素晴らしくきめの細かい炭酸ガスを生み出しています。

販売店HPより

販売店情報