ビール日記

【ゴーゼズ アー レッド@ブルーリーテルー】ワイン好きはこいつでビール沼に引きずり込めば良い

GOSES ARE RED

BRUERY TERREUX

飲んだ感想

【Looks】茶色みを帯びた赤、深く濃い色味だけど液は澄んでいてとても綺麗め。

【Flavor】ワインに近い華やかな酸味、少しスパイシーなニュアンスも。いい意味でビールっぽさは強くない香り。

【Taste】香りの印象だと酸味がかなり強めに感じるが、いざ飲んでみると意外とまろやか。正確にいうと、酸味の後にすぐフルーティーな甘さも優しくくるので、うまく調和が取れて味がまとまってる。

【Summary】ビールとワインの間、独特な道を歩いてる。ワイン好きにはぜひこれを入り口にクラフトビールにはまって欲しい、生ハム・オリーブがあればもう天国。

【Score】3.75

ビール解説

柔らかな甘さのロゼワインにインスピレーションを得て造られた、クリスプで酸味のあるゴーゼスタイルのエール。

ゴーゼの特徴であるコリアンダーの風味や軽い塩味が、土着酵母由来の酸味を引き立たせる。

小麦ベースの爽やかなエールだが、フーダー(木製タンク) で熟成しているため、味わいに複雑さがある。

ブドウも使っているため、リフレッシングで液色もシラーの魅力的なチェリー色。

ブドウのフルーティーなアロマとゴーゼの酸味と土臭さのあるアロマがバランスよく調和している。

味わいもブドウや塩、小麦など、フルーティーでファンキー。

インポーターより

販売店情報

残念ながらオンラインでは売切…

ブルーリーテルーは推しなので見つけたらぜひ!