お店

【新幹線でクラフトビールを楽しむ】リカーズハセガワ本店@東京

新幹線に乗るとき、お供に選ぶものは何ですか?

缶ビールと柿ピー?モンスターとじゃがりこ?

すみません、これは全部僕の話です。

そろそろこのパターンも飽きてきたなあと思い、いっそクラフトビールのボトルショップとかないかなと探してみました。

リカーズハセガワ本店

  1. 東京駅八重洲口改札からすぐ
  2. 地下街だから雨にも濡れない
  3. 国内外問わず大量ラインナップ
  4. もちろん冷蔵販売アリ

お店の雰囲気

リカーズハセガワさん、一番のポイントはお店の位置。

東京駅八重洲口改札を出て、地下街を進むこと5分で着きます。

地下街なので雨にも濡れないというところが最強です

目印はこちらの赤い扉

こちらのお店、実はクラフトビール専門店ではなく酒屋さんです。

そのため、先程の赤い扉を挟んで、左側が「クラフトビール」右側が「ウイスキー・ワイン」となっています。

(左側)クラフトビール

(右側)ウイスキー・ワイン

ビールの紹介

ビールは国内外問わず多くの量が並んでいますので、エリアごとに分けてご紹介します。

店舗入口付近の棚には国産系がずらり

「常陸野ネスト」「Far Yeast」が多めな印象でした

奥側は海外系のものが中心のラインナップ

アジア系の物もいくつかありましたが、個人的に嬉しいのは「プヤラ」

友人に勧められてからというものの、かなりお気に入りのブルワリーです。

ブリュードッグはかなり勢力が強め

下段には大瓶も売っています。さすがに新幹線には持ち込まないと思いますが、帰り道に購入して家に持ち帰るのはアリですね。

「え、冷たいやつないの?」

そろそろ言われると思っていましたとも。もちろんご用意ございます。

この立地でこれだけあったら幸せ過ぎます

ショーケースは左側が海外系のラインナップ

先程の棚にはなかったブルワリーの物もたくさん。数量限定入荷の物などは優先的にこちらに並べられるようです。

そして右側が国産中心のラインナップ

日本では有名なブルワリーが多め。とっても安定感がありますね。

そしてなんと、グラスも販売しています。

家飲み用のグラス、こちらで購入するのもアリですね。

まとめ

まさか東京駅でクラフトビールが買えるとは思っていませんでした…

本当に改札から近いので、いつでも利用できるのが嬉しいところ。

さらに地下街にあるので雨に濡れる心配もなく、キャリーケースを持ちながらでもラクチンで行けちゃいますよ。

ここまで条件が揃ったのに行かない選択肢はありません

旅行も出張も帰省も、クラフトビールを味わいながら楽しく移動時間を過ごしましょう!

店舗情報

【営業時間】10:00 – 20:00 (年末年始を除く)

【住所】〒104-0028 東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 中4号 八重洲地下1番通り

【TEL】03-3271-8747

オンラインショップはこちら